12月20日(月)日経平均株価の考察

メルマガ登録 公式LINE お問い合わせ

受付時間 14:00 ~ 17:00

ブログ

12月20日(月)日経平均株価の考察

2021/12/20

月間、日経225ミニで400円幅~500円幅を狙いたい。そのためには本日20円幅~30円幅をゲットするために何をするか!?

日経平均 20日(月)本日、月曜日からの動向についての考察について

 

 

おはようございます、Мです。

 

動画や画像などがここに出すことが出来れば、よりよくわかりやすくなると思いますが、

乱文なテキストでごめんなさい。

 

皆様と一緒に勉強出来ることを楽しみにしております。

 

さて、

これまでは、

日経225ミニで「本日も20円幅をコンスタントに取っていくために。」

 

なぜ20円幅!?

 

解説

■日経225ミニで1日20円! (継続的にトレードで資金を増やしていくトレーダーになる) ━━━━━━━━━━

「ライブトレード225」では、

1日の目標は『1日プラス20円!』にしています。

 

30万円の証拠金スタートで、

複利運用であれば一日プラス20円幅を目指すと、

1年で105万円になり、年利が3倍を超えます。

そのまま複利運用を続けることにより、

開始から1203日で「五億円突破」します。

勝つ日、負ける日ありますので、

1日平均して20円、

1ヶ月400~500円値幅が目標となります。

 

デイトレード、システムトレード、スイングトレード、手法はなんでも構いません。

また、初期資金が多いほど、資金の伸びも早くなります。

100万円の証拠金スタートで、複利運用であれば一日プラス20円幅を目指すと、

「わずか89日で1000万円を突破」します。

 

さらに、「175日で一億円突破します」

1000万円を超えると再度、100万円スタートにして1000万を目指し、

繰り返し一億円を目指すということもできます。

 

ということでしたが、

「1ヶ月400~500円値幅が目標」に変更しようと考えました。

同じことですが。笑

 

ですが少しだけ違います。

日々の勝ち負けに拘ることも重要ですが

月間、年間にとスパンを長く見ることが重要だと思うからです。

それは、「システムトレード」をメインとして売買すべきだと思うからです。

 

ということを前提にし、

今日もシステムトレードとヘッジをかけていく裁量トレードを行うにあたって抑えておくべきことは、

 


まず、戦略シートのチェック
http://trade-ml.jp/data/89121ss.html

 

 

先週末ナイトセッションも非常に弱い展開で引けております。

 

 

【先週末17日の相場概況】

日経平均 28,545円 ▲520円 ‐1.79%

TOPIX 1984.47 ▲28.61 ‐1.42%

マザーズ 963.66 ▲37.21 ‐3.72%

空売り比率 42.3

騰落レシオ(25日)83.23%

ダウ 35365.44ドル ▲532.20 ‐1.48%

ナスダック 15169.68 ▲10.76 ‐0.07%

 

 

先週末の17日(金)はアメリカのメジャーSQでした。

マザーズの下げ目途にも注目が集まります。

 

 

日経平均株価のチャート(テクニカル分析)

移動平均線

5MA 28630円付近(やや上向き)

10MA 28550円付近(やや上向き)

25MA 28840円付近(右肩下がり)

200MA 28850円付近(横向きに近い)

 

下にブレイクしてきた際に注意が必要。

支えが無い状態です。

 

 

ボリンジャーバンド

+2σ 30230円付近

+1σ 29540円付近

ミドル 28840円付近

ー1σ 28140円付近

ー2σ 27440円付近

 

本日にー1σまで下落してくるのか。

 

 

一目均衡表

転換線 28515円付近

基準線 28774円付近

遅行線 28545円付近

先行スパン 28882円付近

先行スパン 29044円付近

 

雲の下で推移。

基準線、転換線はデッドクロス状態で弱い。

 

 

戦略シートからのマーケットプロファイルからは、

先週末の金曜日はトリプルディストリービューションの弱気形状。

当日ナイトセッションは戻りも28600円以上の上値が重く叩かれていることから、

28230円付近の維持、

27960ー27980円が注目されてくるという見方が出来ます。

 

 

ファンダメンタルズ分析の懸念点

・テーパリング

・利上げ

・イギリス緊急事態宣言

・オランダロックダウン

・中国 コウダイ集団(変換できませんw)破綻

・ロシアのウクライナ侵攻(中国の台湾も)

・松井証券の信用評価損益率がー3.0%

 

 

本日、月曜日以降の下落に注意が必要です。

 

 

システムトレードとヘッジとなる裁量トレードを駆使して本日も乗り越えたいと思います。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。