日経225先物を取引するためには証拠金が必要?資金管理との関係性とは

メルマガ登録 公式LINE お問い合わせ

受付時間 14:00 ~ 17:00

ブログ

日経225先物を取引するためには証拠金が必要?資金管理との関係性とは

2021/07/16

1. 日経225ミニ先物を取引するためには証拠金が必要

日経225ミニ先物を取引するには証拠金*1 が必要です。

なぜ日経225ミニ先物に証拠金が必要なのかをここでは解説していきたいと思います。

1-1. 証拠金で資金効率が高い取引をすることができる

日経225先物は「証拠金取引」という取引方法で行われます。

証拠金取引であれば、手元の資金が少額であっても先物への投資をすることができます。

先物取引では証拠金(資金)を証券会社に預けることにより、その証拠金を元にしてレバレッジが掛かった運用ができます。

例を挙げると、100万円の資金しかなくても200万円分の先物を売買することが可能ということです。

証拠金取引ができるおかげで少ない資金でも日経225ミニ先物を取引することができるようになりました、これも人気の一つとも言えます。

*1 日経225ミニ先物の取引は差金(取引により生じた損益の部分)の授受のみであり、代金の支払い等がないため取引(契約)を担保するために必要なお金。

1-2. 日経225ミニ先物は売りのポジションを持つことができる

通常の株式投資であれば、保有株が買値よりも上がらなければ利益を出すことが出来ません。

しかし日経225ミニ先物は「売り」ポジションを保有することができるので相場が下落していても利益を上げることができます。

これも先物取引が 証拠金取引を採用しているからこそできるようになりました。

相場が全体的に不安定で損失が出ているような日でも、日経225ミニ先物を空売り*2しておけばその間はリスクヘッジ *3ができるので資金の減少を防ぐことができます。

さらに日経225ミニ先物を空売りすれば日経225ミニ先物で大きな利益を得られる可能性もあります。

多様な取引方法があるのも日経225先物ミニという商品が投資家に選ばれる理由の一つで、大きなメリットです。

*2 証券会社から株式を借りて売り建てて、決済期日までに買い戻しを行うことで株式を返却し、売り建て時と買い建て時の差額で利益を狙う取引。

*3 起こりうるリスクを予測して、リスクに対応できる体制を取って備えること。

1-3. 日経225ミニ先物の「取引損益」とは

日経225先物には実体がないので、先物の購入金額と売却金額の「差額」が投資家自身の損益になります。

先物取引では株式投資のように「現物株」を保有しているわけではありません。

株式投資では1,000円の株を1000株売却すると1,000,000円が手元に残ります。

この1,000,000円は確実に残るので「資産」と呼ぶことができます。

対して日経225ミニ先物は、27,000円で購入した先物を28,000円で1枚売却した場合1,000円分の差額だけが残るので口座が500,000円増加することになります。

先物の場合は増加して現金になった「500,000円」を資産と呼ぶことができます。

証拠金取引の参考例
日経225ミニ先物は証拠金取引なので少ない資金でも取引ができます。

取引の例を参考にイメージしてみましょう。

 

  1. 2021年7月25日時点で、日経平均株価は26,000円付近で推移
  2. 先物・オプション口座に「証拠金」として50万円の資金を入金
  3. 50万円を振替え、日経225ミニを26,500円で1枚買付け
  4. 日経平均が上昇、買い建玉を27,500円で決済

 

この一連の取引を式に表した場合以下のようになります。

(27,500円 - 26,500円)×100(日経225ミニ先物 1枚) = 100,000円

この取引で資金を増やすことに成功しました。

50万円の資金を使い、1週間で100,000円の利益を得ることができたのです。
※手数料、税金等は考慮しておりません。

この取引で増減したのは数字だけです。

先物取引は「空想上に存在する実体のない数字」を増減させる取引というイメージになります。

このように先物取引の計算方法は簡単ですが、実際の相場と向き合いながら1人で先物取引をするのは非常に孤独感があります。

トレラボのLINE@では会員限定のお得なキャンペーンなども送られてきます。

この機会に登録をして先物取引を有利に進めましょう。

▼LINE@
https://bit.ly/34DYlJx

2. 日経225ミニ先物ではリスクコントロールを厳格に

日経225ミニ先物を取引する上で最も大切にしなければならないのがリスクコントロールです。

証拠金取引で行われる先物取引では明確なリスクも存在しています。

先物取引ではとても大切な内容なのできちんと確認しておきましょう。

2-1. 証拠金取引では追証の発生に注意

FXや株で信用取引をしたことのある方は、追証*4についてはすでに理解できていると思います。

日経225ミニ先物は132,000円ほど(2021年7月現在)の証拠金さえ入金させておけば、実質何倍ものレバレッジが掛かっている先物取引を始められるというものです。

現在では、132,000円ほどの証拠金さえあれば日経225ミニ先物を1枚取引することができます。

しかし、この証拠金を割るような変動があると追証が発生してしまいます。

証拠金取引では余裕を持った資金を口座に入金しておく必要があります。

実際に例を交えて資金管理について見てみましょう。

ほとんどの証券会社は最低証拠金所要額がSPAN証拠金額*5に設定されています。

日経225先物が25,000円、証拠金が130,000円必要だとします。

そのときは130,000円を入金するのではなく、余裕を持って200,000円入金しておきましょう。

そうすることで70,000円分の値下がりに耐えることができ、追証を発生させずに取引を続けることができます。

▼レバレッジについての資金管理
現物株式を100,000円で100株購入してから200円値下がりしたとします。

その場合、現物株式の価値は80,000円になり、20,000円の損失になります。

これは資産価値が下がったので損失が発生しました。

日経225ミニ先物はこの200円にレバレッジがかかります。

日経225ミニ先物を1枚保有しているときに価格が200円下がると、200円の100倍である20,000円の損失になってしまいます。

逆に日経225ミニ先物の価格が200円値上がりすると、20,000円の利益になります。

▼追証を発生させないように資金管理を徹底
日経225ミニ先物の取引するとレバレッジが掛かっているので、少ない枚数でも損益が大きくなることが分かりました。

大きなレバレッジが掛かるので、ポジションを取ったタイミングから値下がりし過ぎると追証が発生します。
 

  • 必要証拠金 : 130,000円
  • 口座入金額 : 150,000円
  • 口座余剰金 : 20,000円
  • 保有数 : 1枚


この状態でもし日経225ミニ先物が300円下落してしまうと、所有しているポジションには30,000円の損失が出ていることになります。

そうなると口座余剰金である20,000円では損失分には10,000円分足らないので、損益を相殺(そうさい)することができません。

このタイミングで口座に追証が発生し、投資家は2つの選択肢を迫られます。
 

  1. 不足分を入金する
  2. 不足分を入金しない


1.を選択した場合は10,000円を入金すればまだ継続して取引することができます。

2.を選択した場合は証券会社のタイミングで強制的に決済がされます。

これが証拠金取引で起きるかもしれない追証の仕組みです。

実際に先物取引をする場合はリスクコントロールを徹底して、自己資金と向き合いながら投資を行いましょう。

*4 株の信用取引や株価指数先物取引などの保証金を担保として行う取引の場合、価格の変動で一定の維持率(委託保証金維持率)を下回ると発生する「追加保証金」のこと。

*5 シカゴ・マーカンタイル取引所が開発したリスクベースの証拠金計算方法およびシステムにより計算される証拠金のこと、日本証券クリアリング機構SPANリスクパラーメーターとして毎週第一取引日に見直しを行い、公表日の翌週に適用される。
証拠金は同SPANリスクパラメーター元に、各証券会社で独自に設定している係数を掛けて算出される
 

3. 日経225ミニを有利にトレードしよう!

トレードマスターラボでは先物取引を有利にするサービスを展開しています。

気になるサービスがあればお気軽にご連絡ください!

3-1. リアルタイムで取引を見ながら日経225ミニをトレード

プロトレーダーがリアルタイムで朝から配信しているライブトレード225はご存知でしょうか?

ポジションの持ち方、トレードの考え方など全て公開しています。

M氏・石田氏率いるライブトレード225はこちらから登録できます。

プロのトレードを身につけて楽しいトレードライフを過ごしましょう!

▼ライブトレード225
https://225navi.com/lp/livetrade225/

3-2. 日経225ミニのシグナルメール配信サービス

トレサポというサービスはご存知でしょうか?

プロのトレーダーが売買するポイントを「メール」で受け取ることができるサービスです。

日経225ミニの売買シグナルを受けて同じポイントで売買すると、あなたもプロの感覚を養うことができます。

▼トレサポ
 https://raku-tore.com/

3-3. LINE@でお得な情報をGET!

LINE@では日々のトレサポメール配信シグナルの売買結果や、会員限定のお得なキャンペーンなども送られてきます。

他の人よりも一歩前に出るためにも旬な情報を手に入れましょう!

▼LINE@
https://bit.ly/34DYlJx

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。