日経225ミニ先物はギャンブルなのか?投資なのか?

メルマガ登録 公式LINE お問い合わせ

受付時間 14:00 ~ 17:00

ブログ

日経225ミニ先物はギャンブルなのか?投資なのか?

2021/08/08

1. 投資とギャンブルの違いとは?

投資とギャンブル(投機)は全く違います。世間では投資は怖いものだと認識している方が多く、投資をやっているというと博打をしていると思う方も多いのが現実です。投資 = ギャンブルのイメージがあるのは仕方ないですが、実際はそうではありません。
それぞれの概念としては、基本的に長期保有するものが「投資」、短期で売買するものが「投機」になります。では、日経225ミニ先物は投資かギャンブルどちらになるのでしょうか? 今回は「投資とギャンブル」に関して確認していきましょう。

1-1. 投資とはどのようなものか

投資は資金を長期的に運用することを指します。例を挙げると長期の株取引はギャンブルではなくて投資となります。他には投資信託を保有する事も投資に該当します。短期的に損益が発生するということは、運の要素も大きくなってしまいます。ギャンブルと聞くと運だけで損益が決まるというイメージがありますが、あながち間違いではありません。
明確な計画に沿って金融商品を取引すると、時間軸が短いほどその結果がブレやすくなりますが、長い時間軸で見た場合は価格が収束していくので将来の結果が事前に予定した通りになります。株取引で例えると、短期売買を目的とした参加者が多ければ多いほど株価は乱高下しやすいですが、しっかりと業績のいい銘柄を1年後に見てみると乱高下していた時期よりも株価は上がっているはずです。
投資はある程度の損益をコントロールすることができるのも一つの特徴であり、「時間」を味方に付けることができるのです。

1-2. ギャンブルとはどのようなものか

ギャンブルとは「投機」と呼ばれることもあります。一般的にギャンブルとよばれているものはパチスロ・競馬・競艇などが思い浮かびますが、実は株式のデイトレードもギャンブルに属します。なぜかというと短期で損益が確定するからです。
「投資とはどのようなものか」の項目でもお伝えしたように、株価が乱高下する短期での売買は投資とは言い難いです。
さらに、ギャンブルでは勝った者しか利益を手にすることはできません。投資(長期保有を目的とした取引)であれば、株式の配当金や投資信託の分配金などが金融商品を保有しているだけで得ることができます。ギャンブルと呼ばれる短期売買ではそのような利益を得ることができないので、投資と呼ぶことはできません。

 1-3. 投資ではなくてギャンブルに惹かれてしまう理由

一般的に、投資ではなくてギャンブルの方が人気があります。人間は「すぐにでも利益を掴みたい・お金を楽に短期間で稼ぎたい」という思考になりやすいからです。よくギャンブル依存症と言われますが、依存しやすい人は一瞬で大きな金額を手に入れた経験があるような人が多いです。そのような経験が忘れられず「もしかしたらまた儲かるかもしれない」と夢を見続けています。しかし、ほとんどのケースでギャンブルには計画性がありません。なので継続して利益を出し続けることができないのです。

2. 日経225ミニ先物はギャンブルなのか?

ここまでギャンブルと投資についてお伝えしてきましたが、実際に日経225ミニ先物はギャンブルになるのでしょうか? 日経225ミニ先物がどのような投資なのか知りながら確認していきましょう。

2-1 日経225ミニとは?

「日経225ミニ」とは日経平均株価(日経225)を対象にする株価指数先物である日経225先物を取引しやすくした金融商品です。日経225ミニ先物は価格が将来にかけて上がると思うのであれば買い建て玉のポジションを保有します。その後、きちんと値上がりしたタイミングで反対売買による決済をした際の差額が利益となり投資家の手元に残ります。
この日経225ミニ先物はどの証券会社でも取引可能で、日経225先物(ラージ)よりも投資のハードルが低く個人投資家からも注目されています。
日経225ミニ先物は証拠金取引という取引方法で売買が行われます。証拠金取引の特徴は資金が少額でも先物に投資ができることです。先物取引をする際にレバレッジを掛けた取引をすることが可能です。先物取引では口座に入金した資金を元に、実体のない「先物」とよばれる商品を売買します。証拠金*1(資金)を証券会社へと預けることで、レバレッジが掛かった資金で金額を運用することができます。レバレッジが掛かっているので、実際の値動き以上の損益が発生します。まだ慣れていない間に複数枚の取引をしてしまうと、思わぬ損失が出てしまう可能性があります。

*1 日経225ミニ先物の取引は差金(取引により生じた損益の部分)の授受のみであり、代金の支払い等がないため取引(契約)を担保するために必要なお金。

2-2 日経225ミニは投資なのか?

ここで気になるのが日経225ミニ先物は投資なのかギャンブルなのかです。前述したように日経225ミニ先物にはレバレッジがかかっているので、元本以上の損失が出る可能性があります。ですので、日経225ミニ先物はとてもギャンブル性の高い投資と呼べるでしょう。ギャンブルと投資のどちらの性質も持ち合わせているということです。日経225ミニ先物はパチスロや競馬などとは違い、中長期での取引が可能です。経済が良い方向に動くと日経平均株価は上昇するので、その分日経225ミニ先物の価格も上昇します。日経225ミニ先物は3ヶ月に一度SQ日に強制決済されるので長期投資ができないと思われがちですが、近年人気になってきている日経225CFDであれば年単位での長期保有が可能です
そのおかげで投資という考え方もできるようになりました。しかし、まだまだ「ギャンブル性の高い投資」というイメージがあることには変わりません。株式のように特定口座で管理されている訳でもなく、オプション取引やFXなどと同じような雰囲気があるのは確かです。
今後、税金面などから投資初心者に優しくなってくれば日本人の考え方も変化して、ギャンブルというイメージから脱することができるかもしれません。

2-3 日経225ミニがギャンブルになる瞬間

日経225ミニ先物が投資ではなくギャンブルになる瞬間とはどのタイミングなのでしょうか?それは中長期ではなく、デイトレードで取引をした瞬間です。初めの項目でもお伝えしましたが、短期で売買を繰り返すデイトレードは投資ではなくギャンブルに該当します。デイトレーダーは投資ではなく日々ギャンブルで生計を立てているということになります。もちろんデイトレード以外にも投資(株式の中・長期保有など)をしているとは思いますが、基本的にはギャンブルだけで生活しています。
デイトレードなどの短期売買をしていると、どうしても激しい値動きに巻き込まれてしまいます。
もちろん期待値を計算してトレードを繰り返しますが、将来の収益を担保できているとは言いがたく不安定な収益になってしまいます。不安定になるということはギャンブルの側面が強いという現実が否めません。

投資とギャンブルの違いを知り、実際に行いたいのはどちらなのかを理解した上で先物取引を始めることが大切です。ギャンブルではなく投資をしたい方はデイトレードではなく、計画的に行う中・長期投資の目線で取引するようにしましょう。

2-4. 日経225ミニ先物での勝率を上げたい方へ

日経225ミニ先物の勝率を向上させたい!という方におすすめのLINE@が存在します。

それはトレードマスターラボのスタッフに直接相談や質問をすることができるこちらの「トレサポ公式LINE」です。

「トレサポ公式LINE」では日経225ミニ先物に関する情報を受け取ることができます。

トレサポ担当者と直接会話することで、日経225ミニ先物に対する問題解決や疑問点の相談にお役立てください。

ぜひこの機会に登録をしておきましょう。

▼LINE@
https://bit.ly/34DYlJx

3. 日経225ミニを有利にトレードしよう!

トレードマスターラボでは先物取引を有利にするサービスを展開しています。

気になるサービスがあればお気軽にご連絡ください!

3-1. 初心者が先物取引を安全に始めるための完全マニュアル!

日経225のしくみや口座開設から、初心者でも使える具体的な売買戦略まで開設した、日経225先物ミニのコンプリートパッケージ。

▼五億導
https://225navi.com/lp/5okudoh/

3-2. 日経225ミニのシグナルメール配信サービス

トレサポというサービスはご存知でしょうか?

プロのトレーダーが売買するポイントを「メール」で受け取ることができるサービスです。

日経225ミニの売買シグナルを受けて同じポイントで売買すると、あなたもプロの感覚を養うことができます。

▼トレサポ
 https://raku-tore.com/

3-3. トレサポ公式LINEからお得な情報をGET!

トレサポ公式LINEでは日々のトレサポメール配信シグナルの売買結果や、会員限定のお得なキャンペーンなども送られてきます。

他の人よりも一歩前に出るためにも旬な情報を手に入れましょう!

▼トレサポ公式LINE
https://bit.ly/34DYlJx

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。