トレサポ他社比較記事(仮)

メルマガ登録 公式LINE お問い合わせ

受付時間 14:00 ~ 17:00

ブログ

トレサポと類似サービスは何が違うのか?トレサポがおすすめの理由

2021/12/01

トレサポと類似サービスの比較

トレサポと類似サービスの比較

日経225の売買シグナル発信サービスである「トレサポ」

 

この記事ではトレサポ以外の日経225のシグナル配信・自動売買を展開しているサービスをご紹介します。

 

そのサービスとトレサポの比較も行いますのでぜひ最後までご覧ください。

ロボトレーダー

ロボトレーダー(https://robo.andtrader.com/)は主に株・日経225の売買シグナルを発信しています。

 

最大の特徴はやはり「株」の売買シグナルを確認することができるという点です。

 

先物よりもシグナルの見極めが難しい株をメインにサービスを展開しています。

 

トレサポとの主な違いは株がメインというのと、報酬形態がプランにより月額定額という部分です。

報酬体系

トレサポ
9,900円(月額・税込)
ロボトレーダー

3,000円~7,000円(固定報酬)

このようにロボトレーダーの報酬形態は「固定報酬」になっており、使えるシグナルの数によって金額も変更される仕様となっています。

 

 

225Labo(GatorsRobo)

225Labo(https://225labo.com/)ではそのサービス名の通り日経225先物をメインに扱っています。

 

サイトデザインもシンプルで非常に見やすく、可愛いワニのロゴに愛着を持つこともできますね。

 

取り扱える金融商品はトレサポと同じく日経225ですが、225Laboで自動売買する場合自身でExcelファイルを編集してシステムを作る必要があります。

 

そういった点ではトレサポの方が気軽にすぐにでもシステムトレードを始めることができます。

報酬体系

トレサポ
9,900円(月額・税込)
225Labo
▼1アカウント 通常版
・ 118,800円(税込)[利用期間:6ヶ月]
・ 237,600円(税込)[利用期間:12ヶ月]

▼マルチアカウント 通常版(最大3台まで同時使用可能) 
・198,000円(税込)[利用期間:6ヶ月]
・396,000円(税込)[利用期間:12ヶ月]

225Laboは成果報酬制ではないので毎月かかる金額が固定です。

 

ハイクオリティなシステムを組むことができるのでしっかりとした料金体系ということが分かりますね。

 

「自分のオリジナルシステムを作りたい!」という方はぜひ225Laboをお試しください。

iTRADE

iTRADE(https://itrade.tokyo/start/)では株をメインに扱っています。

 

このサービスはトレード歴30年でプロップトレーダーの経験を持つ野川氏と、開発会社である株式会社シナジスタが「プロトレーダーの手法」を再現するために生み出したサービスです。

 

iTRADEが運営している専用のアプリでトレード戦略を作り、実際にシステムトレードを行なっていきます。

 

トレサポとの違いは対象が「株」という部分と、自身でオリジナルのシステムを作らなければならないという点です。

報酬体系

トレサポ
9,900円(月額・税込)
iTRADE
16,500円(月額・税込)14日間の無料期間あり

このように料金面ではiTRADEの方がトレサポよりも少し割高となっています。

 

14日間の無料期間があるので、もし気になる方はその期間中だけ試してみてもいいかもしれません。

ループ株365

ひまわり証券(https://sec.himawari- group.co.jp/clickkabu/start/)が運営する自動売買サービスにループ株365というものがあります。

 

ループ株365は名前に「株」と付いているのですが実際に取引できる対象は「指数」になります。

 

日経225・NYダウ・金などの様々な指数を取り扱っており、それらを自動売買で資産を増やしていくというサービスになります。

 

トレサポとの違いはNYダウや金なども取り扱うと言った部分で、幅広い商品を対象に自動売買を楽しむことができます。

 

 

報酬体系

トレサポ
9,900円(月額・税込)
ループ株365
147円(日経225先物片道・税込)

ループ株365はシステム利用料という手数料ではなく、実際に売買したときの約定時に発生する手数料のみで利用することができます。

 

他の自動売買のシステムとは違い、月額の料金を取られることがないのでトレードをしなかった場合料金を支払う必要はありません。

 

月額で使っていないのに料金を支払いたくない方はことちらのループ株365は非常におすすめのサービスとなります。

KENSHIRO-225

KENSHIRO-225(https://kenshiro-jp.com/)はプログラミングの知識やExcelのファイルも不要でロジックを作ることができるサービスです。

 

トレサポとの違いは売買のルールを自分で考えることができ、実際にそのシグナルを受け取ることが可能な点です。

 

外部サービスである「シグナルdeオーダー」と連携すれば作成したロジック通りに自動でトレードが行われるので、より感情の入らない自然なトレードを可能とします。

報酬体系

トレサポ
9,900円(月額・税込)
KENSHIRO-225
・11,000円(月額・税込)運用可能ロジック4個
・20,900円(月額・税込)運用可能ロジック100個

料金体系を見るとトレサポに比べて少し割高にも見ることができます。

 

トレサポは月額9,900円(税込・一部有料あり)でシグナル配信を受けることができますが、KENSHIRO-225は月額料金も少し高いにも関わらず利用できるシグナルに制限があります。

 

ですのでKENSHIRO-225は自分でトレードシステムを構築して使いたいという方向けということになりますね。

W追尾型 自動売買アプリケーション

W追尾型 自動売買アプリケーション(https://123kabu.jp/LP/trap-w/)は株式会社トレードイノベーションが運営する株の売買管理サービスです。

 

トレサポとの大きな違いは対象商品が「株」というところですね。

 

このサービスはポジションを取った後に「利確ポイントと損切りポイント」を株価が上がるたびに少しづつ自動で上げていくサービスです。

 

事前に設定した「利確ポイントと損切りポイント」を引き上げることで損切りポイントを利確ポイントにすることができ、安全に高値を追い続けることができるようになります。

報酬体系

トレサポ
9,900円(月額・税込)
W追尾型自動売買アプリケーション
4,700円(月額・税込 新規登録30日間は無料)

報酬体系を見ると金額面ではトレサポよりも安い料金で利用することができます。

 

株の自動売買を行いたい場合は「W追尾型自動売買アプリケーション」を利用するのがコスト面でも使いやすいサービスとなります。

 

日経225先物で自動売買を行いたい場合はトレサポを利用していただければと思います。

日経225ミニのシグナル配信サービス「トレサポ」

トレサポはプロのトレーダーが売買するポイントを「メール」で受け取ることができるサービスです。

日経225ミニの売買シグナルを受けて同じポイントで売買すると、あなたもプロの感覚を養うことができます。

 

日経225先物のシグナルでを受けてトレードをしたいという方はぜひご利用下さい!

 

▼トレサポ
 https://raku-tore.com/

トレサポ公式LINEからお得な情報をGET!

トレサポ公式LINEでは日々のトレサポメール配信シグナルの売買結果や、会員限定のお得なキャンペーンなども送られてきます。

他の人よりも一歩前に出るためにも旬な情報を手に入れましょう!

▼トレサポ公式LINE
https://bit.ly/34DYlJx

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。