日経225miniを始めるにあたっては、最低限必要なお金となる証拠金が必要になります

メルマガ登録 公式LINE お問い合わせ

日経225mini

日経225miniはいくらあれば始められるのか?証拠金について

2020/06/20

では、この日経225miniは、いくらあれば始められるのでしょう?
実際に取引をするにあたっては、証拠金と呼ばれるお金が必要になります。
日経225miniの取引をするのに最低限必要なお金と思って下さい。

前項で日経225miniの特徴において、
10万円程度で始められると言いましたが、
それがこの証拠金にあたります。

この証拠金の額は、取引を仲介する各証券会社により異なります。

最低限この証拠金以上の資金を用意すれば
日経225miniの取引は始められる訳ですが、
実際に取引をおこなう際は、
余裕を持って取引口座にお金を預け入れておく事が重要です。

例えばパチンコの場合、
パチンコ自体は最低1,000円あれば打てますが、
パチンコをするのに1,000円札だけ握り締めて行く人は
あまりいないのではないでしょうか?

普通は、全部使うつもりはなくても、
2万円、3万円と“一応”用意しておくと思います。

パチンコでいうこの最低限の1,000円が、
日経225miniでいう証拠金にあたります。

そして、パチンコの場合は1,000円だけしか持っていかなかった場合、
使い切るとそこで遊戯終了ですが、
日経225miniの場合は、損失を出して証拠金を割ると、
追証というものが発生します。

追証とは追加証拠金の略で、 これが発生すると、
損失によって最低限必要な証拠金の額を下回った分、
追加で資金を補充しなければならなくなります。

そして、証拠金を補充するまでは、取引ができません。

パチンコで言えば、持ち金を全部使ってしまって、
ATMにお金を下ろしにいくようなものでしょうか。

そんな事にならないようにも、
安全の為に余裕を持って10万、20万、30万と、
できる範囲でなるべく資金を預けておく事が重要です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。