日経平均のCFDチャートをプラチナメソッドを使って環境認識する

メルマガ登録 公式LINE お問い合わせ

受付時間 14:00 ~ 17:00

ブログ

日経平均のCFDチャートをプラチナメソッドを使って環境認識する

2021/09/29

日経平均のCFDチャートをプラチナメソッドを使って環境認識する

プラチナメソッドはMT4(metatrader4)で使えるインジケーターで、順張りでも、逆張りでも、日経平均CFDでも、ダウCFDでも、FXでも、金やオイルでもチャート分析ツールとして使うことができます。

これ1つで、日経平均のみならず、世界の株価指数や為替をチェックできるので、大きな時間軸で各金融商品をチェックすることにより、環境認識としても大変使いやすいツールです。

 

今回は、プラチナメソッドを使って、

週足

日足

1時間足

 

を見て、環境認識をしていきたいと思います。

 

 

目次

    週足

    トレンドサイン:なし

    逆張りサイン:サブウィンドウ2、赤ラインが過熱感あり

    トレンドサインは出ていないものの、平均足は情緒傾向、価格は高値圏であり、上昇相場として見ていきたい。しかしながら、月足のPivotのR3、及び年初来高値と並ぶ価格を2週前につけ、ダブルトップとなるような下落があると、ターゲットは23000円台に。ダブルトップとならず、年初来高値を更新していく場合は、アップトレンドサインが出るかに注目。

     

    日足

    トレンドサイン:UP

    逆張りサイン:なし

    9週前に軽めの逆張りサインは出て、その後下押しがありましたが限定的な下げとなりました。現在はUPトレンド継続とも見えますが、一度逆張りサインも出ているため、上昇傾向はあるものの強気には買いに行きにくい状況です。しばらく保ち合いが続き、再度ブレイク(緑のラインを抜ける)ような相場の動きになれば、トレンドについてく仕掛けを待つか。

     

    1時間足

    トレンドサイン:DOWN

    逆張りサイン:無し

    1時間足では、DOWNトレンドがまさにスタートしたところです。他に特にサインもでていませんので、1時間足では下目線です。

    まとめ

    当ブログに記載した9月28日18:00時点で、1時間足ではDOWNトレンド、日足ではUPトレンドですので、長い時間軸でトレードする人は、1時間足もUPトレンドになったら買いから、短期売買のトレーダーであれば、15分足が戻りが入ったところで「売り」から仕掛ける等、戦略を立てることができます。

     

    プラチナメソッドは、固定の時間足や金融商品にとらわれることなく、相場の環境認識ができます。そのため、ツールとして長く使い続けていくことができます。

     

    既にプラチナメソッドをお持ちの方は、是非とも活用いただけれと思います。

     


    ▼公式LINE:お得な情報をリアルタイムでお届けします
    https://em-tr790.com/L2401/nq8378/71031 

    ▼トレードマスターラボ公式Twitter
    https://twitter.com/trademaster_l

    ▼公式YouTube
    ・トレードマスターラボチャンネル
    https://www.youtube.com/channel/UCLMcutDkDHih35syfcLhrng?sub_confirmation=1

    ▼よなよなFX・日経225Youtubeチャンネル
    チャートの見方・解説動画などを配信しております。
    火曜日・木曜日は21時から生配信中☆チャンネル登録よろしくお願いいたします。
    https://www.youtube.com/channel/UClH82iSRuU_-A3wGAtoR2Cg?sub_confirmation=1

    ▼公式トレードマスターラボ M氏 Twitter
    毎月ハイパーな実績を叩き出すM氏の頭の中。
    先出しポジションも時々公開。フォローよろしくお願いいたします。
    https://twitter.com/hitorigototrade

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。