日経225ミニ先物でスイングトレードを始めよう!

メルマガ登録 公式LINE お問い合わせ

受付時間 14:00 ~ 17:00

ブログ

日経225ミニ先物でスイングトレードを始めよう!

2021/06/30

1. 日経225ミニ先物の取引手法とは?

日経225ミニ先物には様々な取引手法があります。

事前にきちんと手法を決めておくことで、時間軸が曖昧にならず取引することができます。

後から手法に関しての反省や、ポジションの調整などもしやすくなります。

先物取引は普段から相場を見続けていないとできないのでしょうか?

そのような疑問も手法によって払拭することができます。

普段から相場を見る時間があまりないという方には「スイングトレード」という手法がおすすめです。

なぜかというと時間軸が短くも長くもなく、ちょうどいい期間で日経225ミニ先物を取引できるからです。

スイングトレード以外にも、取引手法は大きく分けて3種類あります。

それらの手法も合わせてお伝えしていきたいと思います。

2. 日経225ミニ先物はスイングトレードがおすすめ

先物取引に使える時間があまりない方にはスイングトレードがおすすめです。

時間軸もちょうど良いので、利確・損切りのタイミングも明確です。

大きな損失リスクもなく取引をすることができます。

これから手法を固めていくという方は、それぞれの手法を確認して参考にしていただければと思います。

2-1. スイングトレード

スイングトレードは建玉を数日間から1ヶ月間ほど保有し続けます。

よく聞く手法であるデイトレードよりも時間軸が長くなるので、単純に先物価格の変動を受けやすくその分損失も大きくなってしまうこともあります。

スイングトレードは大きな値幅を取れる可能性も高いので、デイトレードやその他の手法と組み合わせて使用しているトレーダーもいます。

スイングトレードはリスクとリターンがどうしても大きくなってしまうので資金がある程度ある投資家に好まれる手法です。

しかし、時間軸を長くして大きな値幅を狙うのであれば資金もそれほど多くなくても十分な利益を出すことはできます。

スイングトレードでポジションを取る際に、トレーダーが見ているのは基本的にはチャートとファンダメンタルを見ています。

デイトレードやスキャルピングのように短い時間軸で取引を終えないので、板や歩み値などの瞬間的な判断をしてポジションを取りません。

チャートの形状や将来のファンダメンタルを分析してポジションを取ります。

ポジションを取った後は1日の終わりに先物価格を確認しつつ、目標の価格へ向かっているのかを認識しておきます。

事前に想定している支持線を割ってしまうのであれば損切り、抵抗線を突き抜けるのであれば買い増しするなど建玉を調整しながら大きな利益を狙えるのも魅力の一つです。

3. 日経225ミニ先物をスイングトレード以外で取引する

日経225ミニ先物iを取引する手法はスイングトレードだけではありません。

投資家のライフスタイルに合わせてそれぞれ特徴のある手法は必ず見つかります。

実際に投資を始める前に見つけていきましょう。

3-1. デイトレード

デイトレードは建玉を保有したその日に反対売買で建玉を決済する取引方法です。

スイングトレードとは違い、数分間から数時間ほど建玉を保有・売買して利益を出します。

デイトレーダーが参考にしているのは、チャートと板の買われかたです。

基本的にこれらを見た上で、日経225ミニ先物の売買ポイントを判断しています。

デイトレードであれば1日のうちに何回も取引を行うので資金効率が非常に高く、上手く利益を出せるのであれば短期的に資産を増加させることができます。

デイトレードでは危険を感じた段階でロスカットができるので損失が極端に大きくなることはありません。

短い時間軸で取引を考えているので、含み損を切りやすいというのもデイトレードのメリットです。

3-2. スキャルピング

デイトレードをさらに細かくするとスキャルピングという手法があります。

スキャルピングはデイトレードよりも短い時間軸で取引を繰り返して、小さな利益を積み重ねていく手法です。

スイングトレードとは真反対の手法で、大きな利益も大きな損失も出ません。

スキャルピングは最短の時間軸である「数秒」単位で取引を終える手法です。

需給を読み取って上下どちらの方向へ動くかを瞬時に判断して売買を行います。

1回の取引あたりの利益は極端に少ないですが、その少額の利益を積み上げていくことで最終的に大きな利益を出す手法です。

スキャルピングは一瞬の勝負なので、スイングトレードよりも見ている指標は多い傾向にあります。
 

  • 歩み値
  • チャート
  • 価格の板


利益を出し続けているトレーダーは複雑なツールを見ているようなイメージがありますが、実際はそうでもなく誰でも見ることができる情報を取得してトレードをします。

▼歩み値
歩み値は1度の約定で取引された枚数を知ることができる指標です。

板の状況にもよりますが、大きな枚数を1度で買われると、その瞬間は価格が上がることが多いのでタイミングを見計らって瞬時に売買します。

歩み値だけでも「強弱」を認識することができるのでスキャルピングをするためには欠かせない指標になっています。

▼チャート
市場に参加しているトレーダーはチャートで先物の方向性を確認し、売買ポイントを探っています。

時間軸は違えど、この点ではスイングトレードと同じような考えかたです。

チャートには方向性が描かれるので、売買ポイントを決めやすいという特徴があります。

移動平均線と組み合わせて売買ポイントも決めることができるので、多くのトレーダーが見ている指標です。

▼板
スキャルピングで特に重要なのが「板」です。

板を見ないとスキャルピングで利益を出すことができません。

板には投資家心理が表れており、今の板がどのように表示されているかを見て価格が上がるのか下がるのかを判断しています。

どの価格帯に大きな注文が入っているかなどの板の厚さで方向性を探っています。

節目と呼ばれる大きな板(注文数が多い厚い板)が1度で買われると、その後は価格が上昇する確率が高いので、追随して買いのポジションを取ります。

大口に着いていくようなイメージを持ちながら、需給を見て利益を出すのがスキャルピングです。

スキャルピングは秒単位での勝負になってしまうので、処理速度の遅いツールを使用していると買いたいところで買えなかったり、売りたいところで売れなかったりします。

ツールだけではなく、使用しているパソコンのスペックやインターネット回線などの実際にトレードをする環境にも気をつけなければなりません。

先物取引に使用する証券会社を決める際に、ツールの使い方が簡単なのかデザイン性が良いのかを考慮して決める必要もあります。

現在は様々な証券会社が存在しているのですが、おすすめしたいのはネット証券です。

ネット証券は文字通りインターネット上で口座開設からお問い合わせなど全ての行動を完結することができる証券会社のことを言います。

ネット証券の特徴は取引ツールの優秀さです。

スキャルピングで取引できるほどのスピード感で取引をするためには、ネット証券が提供しているツール以外では基本的にはできません。

これから先物取引を始めて、スキャルピングでトレードしたいという方はネット証券で口座を開設するようにしましょう。

3-3. 中・長期投資

中・長期投資はスイングトレードよりもさらに長い時間軸で行われます。

先物取引の場合SQ日*1 があるので3ヶ月間以上の保有はできませんが、スイングトレードよりも長い時間軸でトレードされる実際に売買をするのは数ヶ月に1回程度になります。

保有期間中に大きな変動があればポジションを見直す必要がありますが、基本的には放置している投資家が多い手法です。

中・長期投資になるとチャートの表示は週足や月足などの少し長めの足に設定をして、ファンダメンタルにも気を使い、海外指標の発表などの影響を考えてポジションを取る必要があります。

スイングトレードの時間軸より長い中・長期投資であれば事前に決めた日まで保有することができるので、日中相場を見ることができない方に向いている手法になります。

*1 SQ(特別清算指数・Special Quotation)とは、取引最終日(各限月の第2金曜日の前営業日)の翌営業日において、各指数の採用銘柄の始値に基づいて算出される特別な指数です。
引用元:マネックス証券
 

4. 日経225ミニを有利にトレードしよう!

トレードマスターラボでは先物取引を有利にするサービスを展開しています。

気になるサービスがあればお気軽にご連絡ください!

4-1. リアルタイムで取引を見ながら日経225ミニをトレード

プロトレーダーがリアルタイムで朝から配信しているライブトレード225はご存知でしょうか?

ポジションの持ち方、トレードの考え方など全て公開しています。

M氏・石田氏率いるライブトレード225はこちらから登録できます。

プロのトレードを身につけて楽しいトレードライフを過ごしましょう!

▼ライブトレード225
https://225navi.com/lp/livetrade225/

4-2. 日経225ミニのシグナルメール配信サービス

トレサポというサービスはご存知でしょうか?

プロのトレーダーが売買するポイントを「メール」で受け取ることができるサービスです。

日経225ミニの売買シグナルを受けて同じポイントで売買すると、あなたもプロの感覚を養うことができます。

▼トレサポ
 https://raku-tore.com/

4-3. LINE@でお得な情報をGET!

LINE@では日々のトレサポメール配信シグナルの売買結果や、会員限定のお得なキャンペーンなども送られてきます。

他の人よりも一歩前に出るためにも旬な情報を手に入れましょう!

▼LINE@
https://bit.ly/34DYlJx

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。