上級トレーダーは当然ながら現在の自分が好調なのか不調なのかを理解している

メルマガ登録 公式LINE お問い合わせ

受付時間 14:00 ~ 17:00

ブログ

トレーダーは、調子のいい時期こそ気を引き締めなければならない

2020/10/25

「好調時に自信は必要ない。自信がなくても勝てるのだから。」
トレーダーは、調子のいい時期には気を引き締めなければなりません。
誰でも相場を何十回、何百回と経験してくれば、調子のいい時期と悪い時期がわかるようになっていきます。
調子のいい時期は「失敗したかなぁ」と思ったときでも意外と勝ったりするものです。
また、欲をかいて大きなポジションを持ったりしても、なぜかうまくいって、わずかな期間に大きな金額を稼ぐこともあるのです。
逆に、調子の悪い時期は何をしてもうまくいきません。綿密に立てた計画も成功せず、いくら頑張ってもお金が減っていくものです。
また、大金を失うのもこの時期の特徴です。
上級トレーダーは当然ながら現在の自分が好調なのか不調なのかを理解しています。好調時は彼らもポジションを大きく持ち、そして大きく勝ちにいくでしょう。
しかし、彼らが気を付けていることは「有頂天」の存在です。彼らはポジションを大きく持ちながらも、いつマーケットの流れが変わっても大丈夫なようにいち早く撤退する準備だけは整えているのです。
だから、彼らはマーケットの流れが変わった時に一番早く逃げることができるのです。
チャートに天井と大底が必ずあるように、好不調の波にも必ず天井と大底が存在します。
どんなものにも「終わり」は必ずやってきます。好調が続けば続くほど、「終わり」は突然に、そして、急激にトレーダーに襲いかかってくるものです。
「短命の」初心者トレーダーが「長生きする」上級トレーダーになるためには、調子が良い時であっても、流れが変わった時のためにいち早く逃げる準備だけは整えておかなければなりません。
好調の時は誰でも勝てます。不調の時にどれだけ資金の減少を抑えられるかが重要なのです。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。