日経225ミニ先物をリアルタイムで確認、取引する方法とは?

メルマガ登録 公式LINE お問い合わせ

受付時間 14:00 ~ 17:00

ブログ

日経225ミニ先物をリアルタイムで確認・取引する方法とは?

2021/06/08

1.日経225ミニ先物の価格をリアルタイムで確認するには?

日経225ミニ先物の価格をリアルタイムで確認する方法が分からない方は、意外と多いと思います。その理由の一つは「価格が動いている時間帯が分からない」からです。通常の株式は平日の9時00分~15時00分まで取引できますが、先物取引についてはあまり馴染みがない方が多いと思います。
今回は取引できる時間帯と、リアルタイムで先物取引を行う方法をお伝えします。

1-1. 日経225ミニ先物を取引できる時間帯

日経225ミニ先物は1日のうち約20時間もの時間帯で取引することができます。
 

  • 日中8時45分 ー 15時15分
  • 夜間16時30分 - 翌朝5時25分
     

通常の株取引の時間が9時00分~15時00分ですので、その差は歴然です。日経225先物ミニは1日のうちほとんどの時間帯で取引可能なので、日中はお仕事で相場が見られない方や、自由な時間が夜しか取れない方でも日経225ミニ先物であれば取引できます。この取引時間の長さをメリットと感じて取引している投資家も多いです。
 

1-2. 日経225ミニ先物の価格をリアルタイムで確認する方法

1日のほとんどの時間帯で取引することができる日経225ミニ先物の価格は、どうやって確認するのでしょうか?

▼日経平均リアルタイムチャート
Webサイトで日経先物の価格を確認したい時は、日経平均リアルタイムチャートというサイトを有効活用できます。このサイトは多くの投資家が利用しているサイトで、夜間もずっとリアルタイムに価格を表示しています。
さらに、日経平均リアルタイムチャートは外国の指数も見ることができます。日経先物の価格が大きく動いた場合などに、外国の指数も確認することによって国外での影響が日経先物に影響を与えているかどうかを知ることができます。特に日本への影響が大きいNYダウやナスダック指数もリアルタイムで更新されているので大変便利なサイトになっています。

https://nikkei225jp.com/chart/

▼各証券会社のアプリ
正確な日経先物の価格を確認したい時は、各証券会社のアプリで確認する方法があります。日経先物指数はとても重要な指数なので、どの証券会社でも価格はリアルタイムで表示されています。もちろん他の指数も見ることができるので、同時に全ての指数をリアルタイム表示したいのであればアプリがおすすめです。
アプリで日経先物の価格を確認するにはネット証券に口座を開設しなければなりません。しかし、より正確な先物価格をリアルタイムで確認する上で1番効率的です。実際に売買しないのであってもネット証券の口座は開設しておきましょう。
 

2. 日経225ミニ先物をリアルタイムで取引するには?

日経平均先物をリアルタイムで取引するには、どのような手順を踏むのか、順番に説明します。

2-1. 証券会社に口座を開設する

日経225ミニ先物をリアルタイムに取引するには、証券会社の口座を開設する必要があります。現在は対面証券よりもネット証券が普及しているので、今から開設するのであればネット証券がおすすめです。
スマホの普及で高齢者でもネットで株や先物を取引する投資家が増え、利用者の期待に応えるようにネット証券も使いやすい独自のアプリやツールを無料で提供しています。ネット証券で口座を開くとカフェや旅行先、職場での昼休憩時など様々な場所からアクセスする事ができるので非常に便利です。
 

  • ライブスター証券
  • GMOクリック証券
  • 株ドットコム証券
  • 楽天証券
  • 松井証券
  • SBI証券
  • 岡三オンライン証券
     

これら全てのネット証券で日経225ミニ先物を取引する事ができます。リアルタイムで日経225ミニ先物を取引しようとしても、対面証券だと発注が間に合いません。対面証券は担当に電話をして口頭で発注するのが一般的です。ネットでも注文できますが、アプリではないので買いたい瞬間(価格)では買うことはできません。日経225ミニ先物をリアルタイムで取引するのであればネット証券を開設しましょう。

2-2. 「先物・オプション取引口座の開設」をする

ネット証券で口座を開いたら、次は先物専用の口座を開設する必要があります。先物取引をする場合は通常の株式口座ではなく「先物・オプション取引口座」で売買が行われます。証券会社の口座開設が完了すると、通常の株式専用の口座が最初に開設されます。しかし、日経225ミニ先物はその口座では取引することができません。1番最初に開設される口座は「現物株式」のみの取り扱いができる口座です。日経225ミニ先物を取引するには「先物・オプション取引口座」という口座を開設する必要があります。この「先物・オプション取引口座」は自動的に開設されるものではなく、投資家自身で開設しなければなりません。
すでに証券口座をお持ちの方は追加で開設の申請をします。初めて口座を開設する方は「先物・オプション取引口座」の開設を登録と同時に行っておきましょう。

先物取引は通常の株式よりリスクが高く、証拠金取引という方法で売買が行われます。証拠金取引とは口座に入れた資金を証拠金として取引を行うもので、実際に入金した金額の何倍もの金額を運用できる仕組みです。万が一保有している日経225ミニ先物の価格が下落してしまうと追証*2が発生します。追証が発生すると決められた期日までに資金を入金しなければなりません。そのような事象が発生した場合に、投資家が入金する能力があるかどうかなどの信用力を確かめるために通常の口座とは別に審査が行われます。
「先物・オプション取引口座」の開設申請をすると数日後に審査の結果通知が届きます。
無事開設できると、ようやく日経225ミニ先物を取引できるようになります。

*2 株の信用取引や株価指数先物取引などの保証金を担保として行う取引の場合、価格の変動で一定の維持率(委託保証金維持率)を下回ると発生する「追加保証金」のこと。

2-3. 取引ツールと機能を確認する

日経225ミニ先物をリアルタイムでトレードする上で大切なのは取引ツールと機能です。取引するためのツールと機能は証券会社ごとに見た目も違えば性能も全く違います。できるだけ自身の好みのツールや、デザインを提供している証券会社を選択しましょう。特にリアルタイムで取引する場合は、通信速度や使用時の感触などが重要です。
日経225ミニ先物を取引する場合、チャートやインジケーターなどのツールを利用して売買のタイミングを見定めます。さらに、リアルタイムでの取引をする場合は一瞬の間に売買が行われます。操作画面が見づらかったり、アプリのデザインがあまり良くないツールを使用していると誤発注に繋がります。全てを投資家自身の判断で取引しなければならないので、ツールや機能にはこだわる必要があります。
リアルタイムで日経225ミニ先物を取引するときは、きちんと狙った価格で売買できるように準備を怠らないようにしましょう。

2-4. 日経225ミニ先物をリアルタイムで取引する手法

日経225ミニ先物をリアルタイムで取引している投資家の中には、スキャルピングという手法を使っている方がいます。通常のデイトレードは1日の中で数分・数時間保有して最終的に売却して利益を得るようなイメージなのですが、スキャルピングはもっとリスクを抑えて取引する手法です。リアルタイムで取引するメリットを最大限に享受した手法がスキャルピングです。スキャルピングは数秒単位の時間軸で取引が繰り返されるので「究極のデイトレード」とも言えます。現在の需給のバランスを素早く汲み取り、どちらに動くかのを察知して薄利多売の取引を繰り返します。
スキャルピングをする際にトレーダーが見ているのは以下です。
 

  • チャート
  • 株価の板
  • 歩み値


チャートでは先物の方向性を確認しています。形状からして上がるのか、下がるのかの「力の向き」だけを見ています。方向性が分かると、その後は株価の板を見ます。株価の板は全ての投資家心理がリアルタイムに表れています。どの価格にどれくらいの注文が入っているかなど、板から価格の方向性なども読み取ることができます。板の買われ方は歩み値を見て確認します。歩み値を見ると一度の注文でどのくらいの枚数が売買されたかが分かります。大きく買われたらその瞬間は値段が上がることが多く、瞬時に順張りで対応します。そして数秒後には少し上の価格で売り抜けます。
このように「チャート + 株価の板 + 歩み値」で需給のスキマを狙う取引をするのがスキャルピングです。リアルタイムで取引できる環境があればスキャルピングは非常に有効な手法と言えるでしょう。
 
 

日経225ミニを有利にトレードしよう!

更に詳しく勉強していきたい方は、トレサポやライブトレード225スクールで一緒に学びましょう!随時無料キャンペーンを実施しています。
トレサポは「自動売買」システムに対応した日経225のシグナル配信サービスです。まずは無料で登録してみませんか?詳細はこちら


 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。